AIR

恋愛アドベンチャーゲームで、主人公の国崎往人とヒロインの一人である神尾観鈴が出会うことによって物語が始まります。国崎は法術という能力で人形を動かす芸であちらこちら旅をしていました。旅の目的は母から聞いた「この空のどこかにいある翼の生えた少女」に出会うため旅をしている。ある島で観鈴と出会いご飯を食べさせてもらったり、学校の送り迎えなどをしていました。しかし、ある日観鈴が泣き始めてしまいました。この現象は学校でもあり友達ができそうになると突然泣き始めてしまう病気です。更には体調を崩し学校にいけなくなってしましました。国崎が近くにいることによって観鈴の体調が悪くなることがわかり国崎は離れていきました。最終的に観鈴は亡くなってしまいますが、亡くなる直前のある言葉で多くの人・Keyファンの人(AIRを作った会社名)を泣かしました。国崎が離れた後観鈴には義理の母親がいましたが、その母親は観鈴のことを最初は厄介者として見ていました。段々観鈴と接していく内に好きになっていました。しかし、観鈴を本当の母親のところに返さなければなるのではないかと不安になり、あまり観鈴と接さないことにしていました。観鈴が病気で看病を一生懸命やっているうちに「観鈴は私の子」という決意が固まり本当の母親のところに行って説得して観鈴を自分の子供にしました。どんどん体調が悪くなる観鈴を一生懸命に看護していく母親の姿に涙が流れました。しかしある日観鈴が離れたところから母親のところまで歩くといいました。歩いていましたが、相当苦しそうで母親が止めようとしましたが観鈴は大丈夫だといい母親のところに付きそうになったところで「もうゴールしてもいいよね」と言って母親のところにたどり着きました。この言葉は「私一生懸命に頑張ったからもういいよね」という思いがありますが、私は「死なないでくれ」と思いましたが、これほど頑張ってきたのだから「観鈴天国で幸せになってくれ」と思いました。